<< 桜とガーベラ | main | 鼻くその味 >>
ビンタ



今朝、電車の中で二人の小学生男子がギャァギャァ騒いでいた。

うるせぇなぁと思いつつ見てみると、横にはそいつ等の母親らしき女性が二人座っていた。

親は子供を注意しようとしない。

つまり子供は子供同士、親は親同士、同じレベルの音量でギャァギャァ車内で騒いでいるのだ。
親は親同士で何かジャニーズJr.の話題に夢中で、子供はマジレンジャーがどうとかってアクションを盛り込み盛り上がっていた。

ノーメイクでジャニーズJr.話に盛り上がるその母親二人は、子供が騒いでいるのを放置するどころか、子供の騒ぎ声があまりにも大きいもんだから、その子供の声で親同士の会話がかき消されないように子供よりも大きな声で佐野君がどうの、小原君がどうのと会話を止めようとしない。



ギャァァァァァァ!!!!!


オイラを含め、近辺にいた乗客はまるでステカセキングに耳をやられている気分だった。


そう言えば何年か前、こんな事があった。

オイラが芸能マネージャーをしていた頃、新幹線で先輩マネージャー(女性)と岡山へ移動する際に車内を無邪気に走り回る子供がいたのだ。
小心者のオイラは「うるせぇなぁ…」と心でつぶやきつつそれを見逃していたが、先輩マネージャーはチャキチャキの江戸っ子オバチャンだった為、その子供を見逃さなかった。


『おい、そこのチビ!』


先輩は子供を呼び止めた。


『寝てる人もいるんだから静かに歩きなさい!』


すると、


『アラァ…すみません。。。』


と、後ろからその母親らしき女性がやってきた。
オイラはこれで安心した。
母親が子供をしっかり叱ってくれると思ったから。

そして母親は子供を捕まえ一言。


『ホラ大人しくしてないとこのおばさんが怖いでしょ?』


この母親の一言が、先輩オバチャンマネージャーの地雷を思いっきり踏んだのだ。


『アタシが怒るから静かにしろっていう言い方は何だ!!』


ってね。
当たり前である。

大人が子供だから子供はいつまで経っても大人になれない。
確かにしっかり子育てしている人もいる。
みんながみんなではない。

結婚して子供が欲しいと思ってる人。
「カワイイから」とか「自分の分身が欲しいから」とか安易な理由で産んで欲しくないです。

というオイラも子供の頃はよく騒いだ。
そしてよく殴られた。
子供を殴る親って減ったんですかね、やっぱし。
殴りゃいいのに。
でも子供がうるさいせいで周りからジロジロ見られて自分が恥ずかしいからという理由で殴るとそれは虐待ですけどね。

子供を教育する上で、時には暴力も必要なんじゃないかって思うんですよね。
でもアレかなぁ…最近の親は愛情の感じられるビンタが出来る人なんていないのかな。
ビンタされた頬の痛みより、胸が痛くなるビンタね。

振り返ればオイラはそれで育ってきたような気がする。

【2005.04.13 Wednesday 13:18】 筆者 : yamadatoichi | 思うこと | comments(14) | trackbacks(0)
この記事のトラックバック
http://toy2.omame.net/trackback/105606
関連記事
自己紹介
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
新着記録
告知
山田とゐち関連頁
鎖 ( ブログのみ )
古記録
分類
最近の関連記事
推奨
できるブログ
できるブログ (JUGEMレビュー »)
田口 和裕, できるシリーズ編集部
検索
管理/RSS
  とゐち専用
  RSS1.0
  Atom0.3
▲戻る